<< 森林浴 | main | 何にもしない >>
秋の桜の香り
0

    秋になると、空気が乾燥してきて、春や夏のように、草叢から匂い立つような緑の香りは、あまり漂わなくなります。

     

    それでも早朝、少し湿った空気に太陽の光が差し込んでくる頃に、桜並木を歩くと、あたりにふんわりと、桜餅の葉っぱのような香りがすることに気付きます。

     

    香りの正体を探してみると、赤や茶色になって道に積もる、桜🌸の落ち葉🍂から、漂う香り✨

     

    春には満開の花で楽しませてくれて、秋の落葉の季節にもまた、その余韻を感じさせてくれる桜🌸、粋ですね♬

     

    この香りは、クマリン、という成分が発する、特徴的な香りです。桜餅の香り、というと、お分かりになる方も多いのではないでしょうか。

     

    春と違って、秋のほのかな桜の香り、気付くと少し嬉しくなります🍀

    Posted by : lephare-tokyo | blog | 01:12 | comments(0) | -
    コメント









    TOP